シリーズ② (46)

「ああ、そうだ。今が肝心なんだな」と心構えを新たにする言葉(六然訓)


①「普段は平然、事が起きると勇気ある決断と大胆な行動をして事態を切り開く(有事斬然)」
 Keep yourself very calm and still, but as something happens to you, you can make brave decision and drastic management with it.


②「何ごともないときは、平らで澄みわたった水のような心で過ごす(無事澄然)」
 As nothing happens to you, you keep yourself very clear and still such as clean water in the nature.

 

個人のケイパビリティとマインドを高めることは重要。しかし、個人の力には限界がある。つまり、個人は完ぺきな存在ではないが、幸いなことに人には個性があり、それぞれの人が強い部分と弱い部分を補うという、相互補完が可能である。その調整を行うのが組織の役割だ。組織は、個人のケイパビリティとマインドを向上させて活性化を図るとともに、個人の力を組織として組み合わせ、全体として大きな力を発揮できるように調和を図る。それには組織の力が必要になる。組織の力とは、企業としての明確な信念を持ち、進むべき方向を個人に示したうえで考えを共有し、個人が持てる力を十分に発揮できるようにサポートする力のことである。

ベンチャーキャピタルの仕事っていつも楽しそうで、前向きだよね」。世界を変えることを夢見ている起業家を応援することは確かに楽しく、新しい刺激にあふれる毎日だ。周囲の人にもそう映っていることだろう。その一方で、実際の現場では嫌な仕事も多い。正直いうと、胃に穴があきそうな思いをしている時間の方が長い。今回はそんな、ベンチャーキャピタルにとっての「つらい仕事」というテーマを取り上げたい。

http://www.nikkei.com/article/DGXBZO51066920Y3A120C1000000/(日経電子版)

2013/01/14(月) 17:11

no41:人生リセット

投稿者:

人間の時間は漂流するものではなく、自力で航行すべきものである。若者とシニアの時間は異なる。シニアの70歳の10年は、20歳の60年に相当する。それも加齢と共に持ち時間の倍率は開いていく。つまり凝縮していく。湯水のごとく時間を浪費した若き日のように、シニアの時間は無駄にするわけにはいかない。だが,シニアは時間にルーズ。日向ぼっこ、つけっぱなしのテレビ、何もせず、時間を流しているような使い方が多い。なにもせず、一定の時間を漂流している。それぞれの人生の勝手であるが、時間の漂流は生きているとはいい難い。ただ,そこにいるだけであり、存在主張もない。主張する自分を失っている。肉体は心を入れる器であるが、器だけが存在して、心が機能を停止している。

39歳の時にNTTの研究員から米国のMITに転身し、「タンジブル・ビット」の研究によってコンピューターのインターフェース・デザインに多大な影響を与えた石井裕さん。グローバル化が進むこれからの時代に生き残るための働き方を、日本の若いビジネスパーソンに向けて語ってもらった。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0700O_X00C13A1000000/?dg=1(日経電子版)