Tuesday, 22 January 2019 11:42

■SDGs経営とESG投資は表裏一体

「SDGs経営/ESG投資研究会」の開催
経済産業省は2018年11月7日、「SDGs経営/ESG投資研究会」を設置し、同年11月26日に第1回会合を開催した。
事務局は、経済産業政策局産業資金課で、委員メンバーは、事業会社トップ11名、大学関係2名および機関投資家3名の合計16名から構成されている。オブザーバーとして、外務省、金融庁、公益社団法人経済同友会、一般社団法人日本経済団体連合会、一般社団法人日本投資顧問業協会、株式会社日本取引所グループ、独立行政法人日本貿易振興機構および一般社団法人Japan Innovation Networkが参加する。
「持続可能な開発目標(SDGs)」を中核とする「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が、「国連持続可能な開発サミット」で採択されて3年余りがたつ。目標達成に向けて、企業も積極的に参加している。目標2「飢餓をゼロ」に着目してみよう。「経団連SDGs特設サイト」によれば、キリンホールディングス、アサヒグループホールディングスといった飲料メーカーをはじめ様々な業種で日本を代表する企業が名乗りをあげている。