菅原 晴樹(シニアコンサルタント)

菅原 晴樹(シニアコンサルタント)

Tuesday, 22 January 2019 11:42

■SDGs経営とESG投資は表裏一体

「SDGs経営/ESG投資研究会」の開催
経済産業省は2018年11月7日、「SDGs経営/ESG投資研究会」を設置し、同年11月26日に第1回会合を開催した。
事務局は、経済産業政策局産業資金課で、委員メンバーは、事業会社トップ11名、大学関係2名および機関投資家3名の合計16名から構成されている。オブザーバーとして、外務省、金融庁、公益社団法人経済同友会、一般社団法人日本経済団体連合会、一般社団法人日本投資顧問業協会、株式会社日本取引所グループ、独立行政法人日本貿易振興機構および一般社団法人Japan Innovation Networkが参加する。
地球温暖化による異常気象、それに起因する災害による人的被害や農作物への打撃などを抑えることを目的とした「気候変動適応法」が、2018年6月13日に公布され、同年12月1日に施行された。
この法律により、日本における気候変動適応策の法的位置づけが明確化され、国、地方公共団体、事業者および国民が連携・協力して適応策を推進するための法的仕組みが整備されたことになる。同年11月27日には同法に基づく「気候変動適応計画」が閣議決定された。
日本橋室町の福徳の森から枯洲の森(烏森)に棲み処を移して早6ヶ月。

毎日、森の周辺を眺めている。

東は浜離宮、汐留。浜離宮は1654年甲府藩主徳川綱重が拝領し、海を埋め立てて別邸を建設した。その後、甲府藩の下屋敷として使用されていたが、綱重の子徳川綱豊が6代将軍家宣になったため甲府徳川家は絶え、将軍家の別邸となった。浜御殿と改称され大規模な改修工事が行われた。のちに将軍の鷹狩り場となり、幕末には幕府海軍伝習屯所であった。現在は東京都が管理する都立公園として公開されている。
2018年9月ニューヨークで「持続可能な海洋経済に関するハイレベル・パネル」第1回会合が開催された。同会合に寄せた安倍総理のメッセージの中で「海洋プラスチックごみ問題については、G20大阪サミットでも取り上げ、世界全体で取り組むための実効性のある対策のイニシアティブを打ち出し、日本がこの問題への国際的対策を主導したい」と述べており、G20大阪サミットに向けて、海洋プラスチックごみ問題に対する日本政府の強い意志が窺われる。
Page 3 of 3