2018/11/21(水) 20:10

企業の経営戦略の観点から捉えるESG ―三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社「ESG・TCFDセミナー」に弊社松川が登壇―

投稿者:
このアイテムを評価
(0 件の投票)
2018年11月14日(水)、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社主催の「ESG・TCFDセミナー」に弊社、株式会社グリッド&ファイナンス·アドバイザーズ代表取締役社長 松川恵美が講師として登壇しました。
松川は、長年、ESG投資やサステナブル金融の研究に携わり、一方でサステナビリティーの観点を取り入れた事業戦略やSDGs戦略に関する企業向けのコンサルティングや講演の経験も豊富であるため、今回、講師としてお招きいただきました。

ESGへの関心がますます高まる中、参加者の多数は発行体(企業)でしたが、機関投資家の参加も見受けられました。

演題は、「企業の経営戦略の観点から捉えるESG」で、機関投資家と発行体としての企業のESGに対するギャップや課題認識、ESGの進展経緯、企業の経営戦略としてESGをどう捉えるかについて講演しました。

松川の講演に続き、独立行政法人日本学生支援機構が従来から起債している日本学生支援債券を2018年8月以降ソーシャルボンドとして発行した経緯や実績、学生支援寄付金事業に関して講演しました。

最後に、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社 環境戦略アドバイザリー部 吉高まり様が、「気候変動がもたらすビジネスへの影響およびTCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)の動向」について、その意義や最新情報などを講演されました。

弊社は今後も、サステナブル金融のグローバル動向や、シビル・ソサエティの活動を調査し、オピニオンリーダーとして、積極的に情報発信していきます。
  
以上