コーポレートコミュニケーション

コーポレートコミュニケーション

2019年2月15日(金)、21世紀金融行動原則・環境省共催の「第3回 運用・証券・投資銀行業務ワーキンググループ環境省共催 意見交換会」に弊社、株式会社グリッド&ファイナンス·アドバイザーズ代表取締役社長 松川恵美がパネリストとして登壇します。

同原則の活動を推進する5つのワーキンググループの中の「運用・証券・投資銀行業務ワーキンググループ」では環境省との共催により、前回の「ESG情報と企業価値」に続く第2弾として、「長期投資家のESG評価『投資家の視点と企業の情報開示』」を テーマに意見交換会を開催いたします。

松川はESG戦略コンサルティングの有識者として、企業への的確なアドバイスと、投資家と企業を結ぶブリッジ役として、今回パネリストとしての登壇を拝命しました。ESGに関わるエンゲージメントは、投資家と企業双方の方向性や視点が一致してこそ意味のある対話が生まれるわけですが、ともすれば微妙なすれ違いが生じるケースもまだまだ少なくありません。

「このような意見交換会を通じて実りある対話の土壌を作っていくことが、サステナブルな社会への前向きな一歩となるよう、パネリストを務めたいと考えております。(松川)」

参加資格は限定がなく、どなたでも申し込めますが定員に達すると締め切りとなります。ご参加希望の方はどうぞお早めにご登録ください。

21世紀金融行動原則ウェブサイトのご案内:https://pfa21.jp/18503

意見交換会概要:

  1. 日 時 : 2019 年 2 月 15 日(金) 14:00~16:30 (13:30 受付開始)
  2. 会 場 : TKP 新橋カンファレンスセンター ホール 3A

(東京都港区西新橋1丁目15-1 大手町建物田村町ビル3F)

  1. 参加費 : 無料
  2. テーマ : 長期投資家のESG 評価「投資家の視点と企業の情報開示」
  3. 定 員 : 150名程度

<お問い合わせ先>

21世紀金融行動原則事務局(地球・人間環境フォーラム内) 
Tel: 03-5825-9735/E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

<弊社お問い合わせ>
コーポレートコミュニケーション担当:孔 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

2019年1月29日()、韓国ソウルで開催される「2019 日本の金融イノベーションおよび金融ITの現状そして展望」に弊社、株式会社グリッド&ファイナンス·アドバイザーズ代表取締役社長 松川恵美とコンサルタント 孔慶順が講師として登壇します。

本セミナーは、 弊社、株式会社グリッド&ファイナンス·アドバイザーズのコンサルタントを招致し開催されるもので、100名以上の参加者が予定されております。

アジェンダ

  1. 世界の金融資本市場の潮流 ―スチュワードシップ・コード導入からESG投資への発展―
  2. 資本市場の動向が企業に与える影響(日本企業の事例から見たビジネス戦略の変化)
  3. 2020東京五輪を控えた日本市場のフィンテック活用事例
  4. 日本の金融機関のクラウド活用事例&2019年 日本の金融ITイノベーション動向

詳しくは以下のURLよりご覧いただけます。(韓国語のみ)

http://www.itonair.tv/class/2019-jfinance/?wcs_timestamp=1548769200